CHECK

条件を満たして見た目もスッキリ!安心安全の配線器具に関する基本的な知識を紹介

ここでは、配線器具に関する魅力的な情報を紹介します。
配線周りは、スイッチやコンセントの状況を加味して整理していくのが基本です。
電流を流すために必要になる媒体であるため、この周辺の安全性をきちんと確保しておかないと安心できる環境を整備することが難しくなるからです。
種類や用途にも様々なものが存在しますので、その規格に見合ったものを準備しなくてはいけません。
まずは、その前提知識を理解していくことから始めることです。

条件を満たして見た目もスッキリ!安心安全の配線器具に関する基本的な知識を紹介

配線器具とは、主に電流を流すことが可能なスイッチやコンセントのことを指します。
コンセントは、主に壁に埋め込まれているプラグを入れることができる挿入口です。
そこから、効率的に電流を取り出すことによって様々な電子機器に利用できるようになります。
配線器具で重要なのは、安心安全な環境を整備して規格に合わせた準備を行うことです。
利用できる電力量やその上限が決められていることが多いので、それに適した環境を構築しなくてはいけません。

電源を確保するために必要な配線器具の種類

エアコンからテレビなどを動かす場合、必ず必要となるのが電気です。
日本では以前は火力発電が多かったのですが、2010年以降は太陽光や水力・風力といった再生可能エネルギーで電気を生み出す供給率が高まっています。
そして各家庭では最低でも1個のコンセントを設置しており、そこに家電のプラグを差し込んで使用することが可能です。
もし1個では足らない場合は、タコ足配線器具というものを購入すれば電源を確保することができます。
簡単に電源確保が可能な配線器具の種類を見ていくことにしましょう。
まずは先述したものであるタコ足配線であり、ホームセンターなどで1個1000円程度で買うことが可能です。
配線ダクトという配線器具もあり、こちらは一般家庭よりも学校や会社内で目にできるものとなります。
床や天井の内部にダクトを埋め込んでおり、使用するときだけ活用できるようになります。
またはシーリングプラグというものあり、こちらは病院で使われるものです。

国や地域によって異なる配線器具の形状

国や地域によって異なるものは、言葉や文化の他にも色々とありますが、配線器具の形状もその1つだといえるのではないでしょうか。
例えば配線器具の代表ともいえるコンセントの形状だけでも、国や地域ごとに様々な種類があることが分かります。
海外出張や旅行の機会が多い人は知っていますが、日本のコンセントはアメリカのものと互換性があって、電圧は異なるものの輸入したもの、もしくは輸出したものがそのままささります。
3極タイプのプラグは日本だと変換しないとささりませんが、他の国や地域と比べると互換性が高いのは確かです。
ヨーロッパなどでは丸い棒状の電極が採用されていていますが、太さが国や地域で違うことがあります。
また日本のように形が統一されておらず、複数を使い分けているところも存在します。
規格が統一されていない理由はいくつかありますが、1つはエリアごとに街の開発のタイミングが異なり、採用された配線器具の種類が違うというケースですが、世界的に見れば本当に多用で違いを知ると面白いのではないでしょうか。

コンセントだけではない配線器具の種類

電源というとコンセントを思い浮かべる人が多いと思われますが、配線器具には他にも様々な種類があるのではないでしょうか。
例えば照明器具を取り付ける天井のシーリング、あるいはローゼットといった配線器具だけでも形状などの種類が豊富です。
照明器具の電源をON・OFFするスイッチも配線器具の一種ですし、近年はテレビのアンテナや通信用の端子を備える壁コンセントも充実しています。
壁の配線器具は取り付け用の枠、用途に合わせた器具と隙間を隠すカバーで構成されます。
これらは免許がないと手を加えることができないので、一般には内部がどうなっているか知っている人は限られます。
加えて、長期的に問題なく使用できるように信頼性の高い部材が使用されていますから、仮にもしメンテナンスをしていなくても数十年単位で使えてしまうケースが大半です。
ただ全く老朽化しないわけではありませんし、内部の配線などの劣化が進んでいることもないとはいえないので、定期的に免許を持つ電気店などに相談して状態を確認してもらうのが良いのではないでしょうか。

配線器具に必要な部品は通販でも購入可能

配線器具に必要な部品は、実は街の電気屋さんだけでなく、通販でも購入可能なことは知っている人もいるのではないでしょうか。
壁内部の配線器具は、免許を持っていないと交換や修理ができませんが、壁の内側、室内部分に関しては免許がなくても修理などが可能です。
例えば通販でも購入可能な電源プラグを購入すると、断線した電源ケーブルを自分で直すことができます。
具体的には根本が切れ掛かっている電源プラグをニッパーなどで切断して、ケーブル先端の被膜を剥き直し、購入したプラグに付け替えるといった修理です。
はんだ付け不要でドライバーがあれば作業できますから、配線器具が誰でも買える状態で様々な形で販売されているのも頷けます。
ただ買えるのと修理できるのは別なので、専門的な知識を持っていなかったり、少しでも不安を覚えるならDIYはしない方が良いです。
配線器具は正しく使用してこそ安全性が約束されるものですから、使い方が分からなければ、自分で買い揃えても作業せずプロに依頼するのが無難ではないでしょうか。

配線器具に関する情報サイト
配線器具に関する魅力的な情報

ここでは、配線器具に関する魅力的な情報を紹介します。配線周りは、スイッチやコンセントの状況を加味して整理していくのが基本です。電流を流すために必要になる媒体であるため、この周辺の安全性をきちんと確保しておかないと安心できる環境を整備することが難しくなるからです。種類や用途にも様々なものが存在しますので、その規格に見合ったものを準備しなくてはいけません。まずは、その前提知識を理解していくことから始めることです。

Search